ステータス

海を埋め立て、大坂をつくった男「加賀屋甚兵衛」

江戸時代。
両替商で成功していた「加賀屋甚兵衛」(かがやじんべえ)。
大阪と富田林の通勤の際、いつも眺める大和川。
ある日、その河口に中州ができているのを発見。
「そうや!ここを埋め立て、新田をつくろう」と発案。
時代の価値が「モノ」へと変遷することを先見し、
またたびたび氾濫する大和川の自然災害にも立ち向かい、
「新田開発」という夢を実現したからこそ、今の大阪がある。

【調査レポート編】2018年12月21日〜25日 ON AIR
【紙芝居ライブ編】2018年12月28日〜31日 ON AIR

続きを読む

リンク

尼崎が生んだ、伝説の城郭画家「荻原一青」

昭和の初め頃。
尼崎城跡地の小学校で学んでいた「荻原一青」(おぎはらいっせい)。
画家になったこの男は、尼崎の城の復元画を描こうと思いたった。
やがて、日本で有数の城郭画家として功績を残すことになる。
しかしその道のりは苦難の連続。
尼崎を襲った空襲や台風被害に立ち向かうという試練があった。

【調査レポート編】2018年11月16日〜20日 ON AIR
【紙芝居ライブ編】2018年11月23日〜27日 ON AIR

続きを読む